熊吉雑記
乙らずに張ってく人生に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せって…。
今日は会社の事業説明…
うん、事業説明はよくわかる。
まぁ内容はよくわからん。

まぁ懇親会後に
常務と話していたのですが
「社員の幸せ」という言葉を使ってた。
なんですか!?社員の幸せって
熊吉があまり好きではない言葉
「バランス」「タイミング」「幸せ」
なんですか!?この言葉が曖昧にもかかわらず
言葉が出たたびに、みんな納得する空気は。
バランス悪くて何が悪い!!
タイミング外して何が悪い!!
不幸せの何が悪い!!
みんな挫けながらも頑張ってる。
いや、そんなことじゃない。
もっと生々しい欲があって良いじゃん。
バランス悪くても、タイミング悪くても
我を通したって良いじゃん。
幸せじゃなくったって、楽しいことはいっぱいある。
言いたいことも、叶えたいことも
いっぱいある。
幸せの定義があいまいなら
不幸せで何が悪い。

熊吉は何の為に働いているのか…。
会社のため…自分のため…いろいろあるけど
自分んの出世のため以外なにものでもない。
そもそも、会社に幸福論なんて必要ない。
熊吉はそう思う。
いろんな社長に会ってきたけど
やっぱりこの人と思える人はひとりだ。
その考え方があってるか、まちがってるかじゃなくて
熊吉はその考え方しかできない。
それでダメならしょうがない。
それだけのこと。
日本人が忘れているのは敗者の美学だ。
成功者だけが素晴らしいわけじゃない。
敗者にこそ美学がある。
その考え方を持っているのが、日本人のはず。
なにか忘れているんじゃないのか。

社員の幸福を語る常務に
共感する社員。
アホか!!!!
幸せ、不幸せなんて二の次だ。
この常務に負けてたまるかと思う奴はいないのか。
まぁその時熊吉は思考停止していまい
唯一考えていたのは仲間リサは可愛いなぁということ。

以上、愚痴でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。