熊吉雑記
乙らずに張ってく人生に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せもの。
最近、尊敬するある方と話していたんですがね
「幸せものだね」と何度か言われました。
熊吉のどの部分を切り取って言われたのかは
ここでは説明しませんが
熊吉もつくづく幸せ者だと思います。
支えてくれている方々への感謝もそうなんですが
まぁこの熊吉の思考回路のアホさ加減というのか…
「幸せもの」という言葉も褒め言葉ではないのでしょうが
廻り廻って本当に幸せもののような気が自分でもしてくる。
最近ね、この重度のマイナス思考も
廻りに廻ってかなりのプラス思考になれた。
ふとした時に解決できるというか
肩の荷が下りるというのか??
うまくは言えないんですがね、
「何でこんなことにこだわっていたんだろう!?」とか
「あっ!!そんなことなのね」みたいな
単純に考えれば分かることに
廻り廻ってたどり着く、そんなことってありますよね。
っということで、ずいぶん遠回りをしてる途中です。

今年一年も、もうすぐ終わりです。
ちょっとだけ振り返ってみましょうね。
今年のテーマは「笑顔で」ということでしたが
うん、なかなかよかったんじゃないですか。
別に楽しいことが沢山あったわけじゃないんですけど
反省もちゃんとしないといけないんですけどね
何とか「笑顔で」乗り越えられたでしょう。
まぁここに来ていろいろあるんですが
大晦日の最後の最後まで期待できることがあるので
今はそれを楽しみにすごしていられる。
来年も楽しみにしていることがいくつかあるんですよね。
そんな感じです。
さてさて来年のテーマですが、ひとえにこれでしょ。
ということで「やせる」です。
もう、これしかないでしょ。
総合的に言えばね、生活習慣を正しましょうってことなんですよ。
だらしない性格をね、生活から変えて行きましょうってことで
やせてやる!!何かいいことあるんじゃないの…知らんけど。
まぁね、脂肪を燃やす・情熱を燃やす・無駄なものを燃やすってことで
「燃やす」でもよかったんですがね。
ここ数年ソフトばかりがテーマだったので
ハードな部分を来年は鍛えて行きましょう。
以上、テーマ発表終わり。

そうだ。ついでに今年の個人的なレコード大賞を。
熊吉の心をグッと鷲掴みした曲はこれですね。
(You Tubeって本当に便利)

まずはこれ。



うん、いい曲だね。
甘酸っぱさというのか、キュンとなるような感情。
まぁ25になってもあるさそんな時だって。
別にこの曲自体に何の思い入れもないんですが
一気に心の中のすごく柔らかい部分というか
優しい部分を奪っていた衝撃のある曲です。


次はこれ。(PVじゃないけど…)



これはねぇ姉の結婚披露宴のときの
入場するというか、1発目の曲でして
「やられた」んですよ。
多分、そのときの状況のせいで
インパクトのある曲になったんだと思うんですが
同時に今年「澄んでいる」とか「透き通る」という言葉に
ちょっと敏感だった気がします。
「疑いの無さ」であったり「信頼」であったり
そんなものを熊吉の中で現していてくれる言葉でして
結構、励まされました。

おっ!!徐々にダラダラ感が出てきた。
久々にこんなに書いたよ。

これは前のブログでも書いたんですがね。



もうこれは単純に好き。
いい曲だと思うし。可愛いと思うし。
手放しで良いと言えますね。

さてさて、いよいよ大賞。
もうこれしかないでしょ。



まずは馬場俊英紅白出場おめでとう!!
先ほども書いた大晦日の期待とはこれなんですがね。
これはねぇ~思い出の曲というか
母が馬場俊英のファンなんですよ
んで、姉の結婚式の前の日から当日も
家の中でずっと流れていた曲なんですよ。
まぁね、母も苦労をした人ですから
嫁ぐ姉に伝えたいことがね…
なんとなくですけど、言わんとしていることが分かります。
母の感情もそうですし、姉という人に対してもですし
私の家族というものに対してもなんですがね。
うん、忘れられない名曲になりました。

個人的にも馬場俊英は好きなんですよ。
You Tubeには無かったんですが「今日も君が好き」は
本当に名曲だと思います。
今日も君が好きだから、今日も1日頑張ろうって曲なんですが
何度聞いても素敵ですし、優しい気持ちにさせられます。
清々しく、爽やかな気分にさせられるというのか
ぜひどこかで聞いてほしい曲ですよね。
ただ君を待つ」という曲がね…
これがまたいいんですよ。
馬場俊英には本当に今年は助けられました。
そして、励まされました。

うん、音楽で言えば、こんな1年でしたね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。