熊吉雑記
乙らずに張ってく人生に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時間と場所。
お久しぶりです。
いやぁ~溜まってるね。
何か「癒し」を求めてしまいますよね。
もうこの時期と言えばお花見でしょう。
観光客多いから、あんまり好きじゃないんだけど
京都へお花見しに行こうかと思いまして
熊吉の愛読書「そうだ京都、行こう。」をペラペラめくっていまして
心に響いた言葉があったんです。

そうか
「考える時間」じゃなくて
「考える場所」がなかったんだ。
~反省するにせよ、決心するにせよ、舞台は必要です~

という言葉なんですが、最近いろんなことに悩んでいるというか
同じことを悩みすぎて、答えを出せない日々が多くて
ちょっと参っていたんですが
先週、実家に帰りました。
名古屋で行われた、馬場俊英のライブに行ってきました。
母と姉と…。
まぁそれはそれなんですが、
やっぱりよかったですよ。
さらにファンになりましたよ。
MCとかもすごく面白くて、笑いっぱなしでしたよ。
ファイナルと言うこともあり
歌の説明を、丁寧にしてくれて
聞いたことの無い曲もあったんですが
素直に感動できたと言うのか
自分なりに、いろんな思いで聴けた気がします。
すごい、すごい元気をもらったと言う気はしなかったですが
自分の中にあった悩みとか、重たい気持ちとか
そんなものが全部洗い流されたような
軽く、清々しい気分で家路に着くことができました。

どれもこれも素敵な曲ばかりだったんですよ。
18時に始まって終わったのが21時を過ぎていましたから
盛沢山で、いい曲をいっぱい聴けたんですが
個人的には「時間」「男たちへ女たちへ」「遠くで近くで」の3曲が
心にすごく響いてきました。
中でも「時間」は、一番聴き入った曲でしたね。
内容は正確ではないのですが
この曲の前の馬場さんのMCは多分…
「もしも、心に計算機のようなものがあるとするならば
子どものころはプラスとマイナスのボタンぐらいしかなくて
問題や悩みも、そんなに難しいものじゃないから
プラスとかマイナスを使ってすぐに解決できる。
でも、大人になるにつれて問題も複雑になっていき
プラスやマイナス以外のボタンも増えていく。
ボタンは増えていくけど、解決できない問題も出てくる。
解決できないまま、時間がたってしまい
答えを出さないといけないときが来てしまう…」
的なことだったんですけど、
そのときちょっと「悩んでいた」と言う言葉は適切ではないんですが
心にかかる、答えの出せないことが熊吉の中にありまして
馬場さんの「時間」を聴いて、ちょっと前に進めたんですよね。
失恋の曲なので、ちょっと意味合いは違いますが
答えの出ないことがある、でも、答えを出さないといけない時間も来る
百も承知で生きているはずなんですがね
それが出来ない「自分」も居るということを忘れていたようでした。

さてさて、京都の話なんですが
「考える時間」はくだらなく沢山ありました。
同じことばかり考えて、煮え切らない自分が居て
でも、馬場さんのライブに行って
解決したと言うか、前に進めたと言うか、違うスタンスで向き合えるようになったと言うか
まぁ、自分なりに何らかの「変化」が生まれました。
それはすごく前向きなことだと、熊吉は捉えていますよ。
そして、京都のコピーを見たときに
「時間」じゃなくて「場所」も必要なんだと
すごい衝撃でしたけどね。
馬場さんのライブはそんな「場所」にあたるもので
別に「場所」だけにこだわる必要もないですけど
「時間」だけじゃ解決できないものもあって
「場所」とか「状況」とかいろんなものが必要なんだと思いました。
まだまだ、感覚を研ぎ澄まして生きないといけませんね。

そうそう、お花見なんですが
京都に行くのは止めまして、
昨日、鶴見緑地に彼女と行ってきました。
やっぱり桜はいいですね。
今年も言いますが、あの「期待を裏切らない」咲きっぷりが
本当に素敵ですよね。
用事がありまして、大阪駅に行くことがあって
赤福が売っていたんで、赤福持ってお花見しましたよ。

どうでもいい話。
今日は今日で扇町公園でお花見と言うか散策と運動を。
まぁお菓子食べながら芝生の上に座っていたんですが
何歳ぐらいだろうか…多分3、4歳の男の子2人が
ダンボールの束を運んでいたんですよ。
何の意味があるのかは熊吉には分からないことなんですが
子どもころや子どもって、意味分からないことに一生懸命になれるし
ささやかだけど大切なことを学ぶチャンスなんだろうと
微笑ましく…気持ち悪いぐらいニヤニヤしながら見てたんですがね。
苦労して運んでいたんですけど、途中でダンボールはばらけてしまったんですよ。
一人は大きなダンボールを1枚だけをとりあえず運び始めたんですけど
もう一人は、残った抱え切れない量のダンボールを
一生懸命に抱えようとしていました。
でも、やっぱり無理だから、友達の名前を叫んでいたんですけど
一人の友達は1枚を運ぶのに必死だから
助けにも来てくれない…結局、残された子は泣き出してしまいました。
熊吉たちの周りにも、家族やカップル、友達同士などなど
みんながその光景をを見ていたんですがね、
ある一人の女性が遠くから「がんばれ~」って励ましたんですよ。
大人なら簡単に運べる量だから、手を差し伸べようと思っていた人も居るだろうし、
無関心や、疎ましい気分の人も居たことでしょうが
周りから起こった最初のアクションが、励ましだったことに
すごく嬉しくもあり、幸せな気分になりました。
ちなみに、熊吉は近くまで行って励まそうと思っていましたよ。
偽善者ですから(笑)

今年もこれでひとつ満足です。
造幣局は再来週ですから、そこにもちょっと期待を。
久々にいい休日を過ごしたよ。

さぁ!!明日からも仕事です!!
自分の「時間」、自分の「場所」
アンコールの最後は「主人公」と言う曲でした。

おめでとうを。
先週、高校からの友達のマスダに
そして、1月まで同じ職場にいた愛子さんに
子どもが生まれました。
本当に、本当におめでとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おっ!
彼女できたのか!
そんなところに喰いつきました。
今年はホントにベビーラッシュ!!

マスダさん、愛子さん、おめでとうございます。

2008/04/07(月) 10:51:24 | URL | めぎゅち #-[ 編集]
うっ!
いろんなところに喰いついてきてください。

めぎゅちももうすぐですよね。
2008/04/14(月) 12:29:37 | URL | 熊吉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。