熊吉雑記
乙らずに張ってく人生に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17歳だったよな…。
明けましておめでとうございます。
年明け早々からの名古屋の生活は
もう1ヶ月になろうとしています。

年明けからエンタメ業界が盛り上がっていますね。
まずはSMAPですね。
何か色々考えさせられた。
もし熊吉だったら育ての部長か、会社のトップか
どちらについて行こうかとか
もし熊吉の子どもだったら、
何て声をかけるのだろうとか…。
でも、とりあえず目の前の景色が
凄く悲しい色に思えたのは事実でした。

次にベッキーだよ。
これ、多分お酒無しでは語れないね。
頭の中にお花咲いちゃったんだもん
感情の部分としては、しょうがないよね。
でも、家族を持つ身としては、
結婚してはじめての家族行事は、
やっぱり大事だよね。
「家族の礼儀」みたいなものを学ぶから
大人の階段登る感じだからね。
大事にして欲しかったなぁ~。

熊吉も先日、お花が咲いちゃいまして…
某百貨店の化粧品売り場で
芳しい香りに誘われて、色々試してみた中で
お花畑が広がったのもあったね。
やっぱり女性用の香水っていいよね。
自分のつけるものとは、指向が違って
やすらぎを求めがちになります。
名古屋生活のちょっとしたストレスを
解消してくれる、良い瞬間でした。

あと清原ですよ。
清原というよりは、薬物ですよ。
やっぱり怖い。
うまく説明できないけど
抜け出せないとか、禁断症状があるとか
そういう恐怖を含めても
0か100しかない怖さがあって
いつも綱渡りの綱の上に立たされる恐怖がある。
薬物って聞かされた時に
いつも感情の部分で、こんな状況になる。
だから、そんなことすら考えたくない。
やるかやらないかじゃなくて
考えたくない分野だ。
実は熊吉にとってタバコに対しても、同じ感覚だ。
タバコにたいしては、ちょっとヘタレかなぁ…?

さて、薬物の話のついでに
熊吉の好きな作家に原田宗典という人がいます。
高校の頃、よく読んでいましたが
数年前に薬物で捕まっています。
彼のエッセイに「17歳だった」があります。
17歳前後の思春期にまつわる面白エピソードが満載です。
熊吉にも17歳だった頃があって
いざ、名古屋に住んでみると
はたまた、一人で生活してみると
過去の感情がよみがえって来ます。
叶った夢もあれば、諦めた夢もある。
もちろん今でも諦められない思いもある。

あの時、自慢気に伸ばしていた羽根を
今改めて広げてみたら
思いの外、小さいことに気づいた。
夢や希望に満ち溢れ
大人への憧れと共に成長し
やっとたどり着いた17歳。
あれから17年…もうすぐ34歳になる。

この17年間、何をしてきたのだろうか?
叶えた夢もあれば、必死な時期もあった。
喜びに溢れた時も、悲しみから抜け出せない時も、
あの自慢気な羽根も、出来るだけ隠そうとしてきたのかな?
何やって来たんだか…。
あの時の翼があれば見れた景色を
まだ、見るチャンスがあるのかな?
無理だと分かっていても、あの時の自分と
同じ景色を見ていたい。
あの時の思いが嘘じゃないから。

さぁ次の17年間どう過ごすんだろう。
51歳の熊吉はどう評価するのかな?
そんなことも考えさせられる名古屋生活。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。