熊吉雑記
乙らずに張ってく人生に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪人。
今日は劣等感の塊に
さらに劣等感がまとわりついたような
なんとも言えない気持ちになった1日だった。

それもこれも自分の努力が足りない結果なんですが
受け入れられない自分が居る。
受け入れなくてもいいことなのだが
受け入れないと前に進めない気がして
そんなギャップが劣等感へとつながる。

何もしない努力って結構大切だと思っていましたが
ちょっと引っかかる。
悪いことをしないというのは当たり前すぎて評価の対象ではなく
悪いことをしてでも良いことをしている方が評価される。
まぁ悪人という評価もされるかもしれないが。
この辺りは、感覚的な部分なので上手く説明できないし
自分の劣等感を肯定したい気持ちも入っているので
「正論」ではない。

正論で思いだしたが、
ただいま府知事と市長選の真っ直中。
前府知事の政治を「独裁」と表現される方が居ますが
選んだのは有権者で平等な選挙だ。
どこが独裁なのか?
彼が独裁者ならば引きずり下ろす手段もあるはずだ。
民主主義の何ものでもない。
「独裁」と表現している候補者は有権者を馬鹿にしているのか??
「強引」だったと言われれば分かる気もする。
独裁≠強引だ。
選び、そして引きずり降ろさなかった有権者を馬鹿にしていると思う。
まぁ熊吉の個人的な意見です。
見識が狭かったら御免なさい。

先日「悪人」を見ました。
深津さん可愛いから、TVでやってたのを録画して
朝から連れ合いとレオンが寝ていたので
一人で見ていたんですが、重いね。
重すぎて、見ていられなかった。
ただ柄本明演じる被害者の父親のセリフは共感できた。

悪人は「善人」か「悪人」の評価を受けて
善人も「悪人」か「善人」の評価を受ける。
何もしない人は何の評価もされない。
あっ「評価」を気にする人間になっている??
この発言すら「評価」を気にしてる??

ダメだ。何が言いたいのか。
どんどんブログが下手になっているような。
寝よ。オヤスミ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。