熊吉雑記
乙らずに張ってく人生に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感謝してます。
明日で名古屋への長期出張も終わりです。
仕事じゃない部分が本当にしんどかった。
34歳になって、こんなこと言ってるのは
本当に恥ずかしいことだが
「もう一人暮らしは嫌だ」
暮らしを築き上げるには
もう慣れていることなので
特に気にすることはないのだが
やっぱりというか、まだというのか
孤独に耐えられる強さは
持ち合わせていないようだ。
もう一生手には入らないと確信した。
開き直りでも構わない。

本当に色んな感情が廻って来た。
色んなことに感謝しないといけない。
そして志高く前に進まなくては行けない。

放置もよくしたけど
このblogもこの辺りで一端終わりにします。
「乙らずに張ってく人生に」
まだまだ思いは心の中で大事にしていくけど
少し目標も変わって来たところがある。
やっぱり始めた時より環境が変わり過ぎてるね。

前回も書きましたが、Instagram始めました。
tomoya_a.f.s でやってるんで、
機会があればフォローしてください。
少しずつそちらで表現していきます。

今までありがとうございました。
本当に感謝です。
スポンサーサイト
キラキラ。
名古屋の生活が荒み過ぎてる。
一人でいると、色んなことを比べてしまう。
そして…落ちる。

でも、34歳からでも、色んな初体験をしていこうっと思う。
キラキラ輝ける人生のために。

ってことで、Instagramを始めてみた。
はまりそう。
あの頃に。
夢でしかなかった世界。

13日に第二東名が豊田まで開通した。
実家の近くにインターができた。
もう豊川までいかなくていい。
大阪からの帰省も、かなり楽になる。

本当に小さい頃から
第二東名が近くに出来る話はあった
でも、それはずいぶん遠い未来のことだと思ってた。
正直、開通してる今も実感はない。
まだ遠い未来の夢の話の気がする。

それほどあっけなく「未来」は訪れてしまった。

まだ、心も体も準備出来ていないのに
レッテルだけ張られてる思春期みたいに
そのギャップに、悶え苦しみ
理由無き反抗をしてみたくなるような…
何とも言い難い気分にさせる。

田舎って何か?
「都会」に対しての「田舎」ではない。
結局、「退屈」に比例するものだ。

退屈なあの街に
非日常の高速道路ができた。
この先の「夢」はいったなんだろう。
今の子ども達のずいぶん遠くにある夢は
一体どんなものを与えられているだろうか。

何も変わらなければ
ただの退屈な街。
田舎と呼ばれたい退屈な街。
17歳だったよな…。
明けましておめでとうございます。
年明け早々からの名古屋の生活は
もう1ヶ月になろうとしています。

年明けからエンタメ業界が盛り上がっていますね。
まずはSMAPですね。
何か色々考えさせられた。
もし熊吉だったら育ての部長か、会社のトップか
どちらについて行こうかとか
もし熊吉の子どもだったら、
何て声をかけるのだろうとか…。
でも、とりあえず目の前の景色が
凄く悲しい色に思えたのは事実でした。

次にベッキーだよ。
これ、多分お酒無しでは語れないね。
頭の中にお花咲いちゃったんだもん
感情の部分としては、しょうがないよね。
でも、家族を持つ身としては、
結婚してはじめての家族行事は、
やっぱり大事だよね。
「家族の礼儀」みたいなものを学ぶから
大人の階段登る感じだからね。
大事にして欲しかったなぁ~。

熊吉も先日、お花が咲いちゃいまして…
某百貨店の化粧品売り場で
芳しい香りに誘われて、色々試してみた中で
お花畑が広がったのもあったね。
やっぱり女性用の香水っていいよね。
自分のつけるものとは、指向が違って
やすらぎを求めがちになります。
名古屋生活のちょっとしたストレスを
解消してくれる、良い瞬間でした。

あと清原ですよ。
清原というよりは、薬物ですよ。
やっぱり怖い。
うまく説明できないけど
抜け出せないとか、禁断症状があるとか
そういう恐怖を含めても
0か100しかない怖さがあって
いつも綱渡りの綱の上に立たされる恐怖がある。
薬物って聞かされた時に
いつも感情の部分で、こんな状況になる。
だから、そんなことすら考えたくない。
やるかやらないかじゃなくて
考えたくない分野だ。
実は熊吉にとってタバコに対しても、同じ感覚だ。
タバコにたいしては、ちょっとヘタレかなぁ…?

さて、薬物の話のついでに
熊吉の好きな作家に原田宗典という人がいます。
高校の頃、よく読んでいましたが
数年前に薬物で捕まっています。
彼のエッセイに「17歳だった」があります。
17歳前後の思春期にまつわる面白エピソードが満載です。
熊吉にも17歳だった頃があって
いざ、名古屋に住んでみると
はたまた、一人で生活してみると
過去の感情がよみがえって来ます。
叶った夢もあれば、諦めた夢もある。
もちろん今でも諦められない思いもある。

あの時、自慢気に伸ばしていた羽根を
今改めて広げてみたら
思いの外、小さいことに気づいた。
夢や希望に満ち溢れ
大人への憧れと共に成長し
やっとたどり着いた17歳。
あれから17年…もうすぐ34歳になる。

この17年間、何をしてきたのだろうか?
叶えた夢もあれば、必死な時期もあった。
喜びに溢れた時も、悲しみから抜け出せない時も、
あの自慢気な羽根も、出来るだけ隠そうとしてきたのかな?
何やって来たんだか…。
あの時の翼があれば見れた景色を
まだ、見るチャンスがあるのかな?
無理だと分かっていても、あの時の自分と
同じ景色を見ていたい。
あの時の思いが嘘じゃないから。

さぁ次の17年間どう過ごすんだろう。
51歳の熊吉はどう評価するのかな?
そんなことも考えさせられる名古屋生活。
誰のピアス?
今年も終わりに近づきました。
仕事は昨日で終わり。
雑務してたら、終わってしまい
やろうと思ってた仕事は年越しです。

今年最高のビッグプレゼント。
ドリカムのワンダーランド行きました。
やっぱりドリカム最高です。
思いの外、早いタイミングで
涙ポイントが来てしまい
確実に泣く曲で泣けなかった。
4年後も楽しみです。
来年は裏ワンです。
聴きたかった曲が入ってなかったので
楽しみです。

さて、昨日の仕事が進まなかったのは
ひとえに体調不良で
週末から鼻づまりがひどく
悪寒や頭痛もあり
頬まで痛くなって来た
まわりには蓄膿症だといわれ
すぐ耳鼻科に行ったら
副鼻腔炎という蓄膿症一歩手前だった。

人生初の耳鼻科のため
気になっていることも聞いとこうっと思い
ここ一年ぐらい左耳を掃除するときに
カサカサ音がなるので見てもらいました。
「何かあるねぇ」っと言うことで
引っ張り出そうとしたけど
あまりの痛さにギブアップ。
耳垢をふやかして再挑戦
汚い耳垢の中から光るピアスのキャッチが…
いつからでしょうか?
このキャッチを耳にいれたまま生活していたのは
熊吉はしていたのは10年以上も前。
まぁ可能性が高いのは連れ合いのキャッチが
何かの拍子に入った、もしくは入れられた(息子に)
家に帰るなり、キャッチが入っていた事実を伝え
寝るときは、ピアスを外して寝ることを
熊吉家家訓に追加しました。
連れ合いも気になったようで、
ピアスのセットを確認したところ
全てキャッチはあるとのこと…。
熊吉のだとしたら相当長い間一緒に。
そうじゃなければ、誰のピアスだ?
ミステリーですね。

来年は1月、2月と名古屋に長期出張です。

それでは皆さん良いお年をお迎え下さい。
3連休+1。
連休です。
初日は急遽、太秦に行くことにした。
小学校の修学旅行依頼です。

燃えてきたぁ~
読書の秋。
秋です。

昨日、心斎橋にある読書バーに行きました。
基本おしゃべりな熊吉としては
みんなでワイワイが好きなんで
複数人で行くとちょっと窮屈。

でも、普段なかなか取れない読書時間を
確保するには良いところですね。
また、個人で行きます。
久しぶりの更新です。
久しぶりです。

一年以上の放置でした。

特に変わったこともいっぱいありましたが
書くにはもう遅すぎます。

多分、このblogが日々の成長には必要ないんでしょう。

槇原敬之の「どんなときも」の二番の歌詞が好きなんですよ。

♪そしていつか誰かを愛し
その人を守れる強さを
自分の強さに変えていけるように

連れ合いと、道連れ二人を
愛する思いが
今の自分の支えなんでしょう。
blogで発信しなくても
前に進んで行けるんです。

明日はハロウィン。
お菓子もあげたいけど
愛すべき道連れに
イタズラされるのも楽しいかも♪
徹鉄。
今日は徹夜だ。
でも、明日は休もう。

さっき夜食ついでにコンビニ行く途中で
新幹線運んでるの見た。
初めてだ。
撮り鉄いっぱいいだけど、
反対車線に飛び出て危なかった。
運ばれてる新幹線と同じ速度で
撮り鉄も去って行った。

頑張ってね。

ねみぃけど頑張る。
奪取。
夜中に大きな衝突音で目が覚めた。
ワールドカップやってるかとテレビをつけたが
テニスやってた。

眠れそうもないので
仕事行こうかな…?

最近周りが、異様な雰囲気。
あんな人や、こんな人が
話題を提供してくれてます。
提供が途絶えたっと言う話題を
提供してくれる方も・・・

ドリカムのアルバムまで
あと1カ月半。
楽しみだ。

最近、美和ちゃんのソロをよくきく
やっぱり女性は可愛い生き者だ
満足。
あけましておめでとうございます。
そんな言葉で始めてしまうぐらいの放置でした。

言い訳ですが生活のリズムにないことを続けるのは
ちょっと難しいよね。

熊吉も先日32歳になりました。

20代はつい先日のことと思いながら
希望を抱いて生活をしていたのですが
かなり昔の話しですよね。
プロ野球で言ったらベテランの域ですしね。


仕事はうまくいかないことが多くて
自分の想像していた32歳は
もっと華やかだったんですが

♪あのころに未来に~
 僕らはたっているのかなぁ~

…????

華やかではないですが
想像を超えた未来になっているのは家族ですよね。
連れ合いと子どもだけじゃなくて
大阪の家族に本当によくしてもらえる。
義父母兄弟にも目一杯甘やかしてもらっている。
なんて幸せ者なんだ。
この恩を返したいと、どこかで感じている熊吉がいるのだが
なんせ末っ子長男なもので
甘える自分に甘んじている。
やっぱり兄姉には勝てないものだ。


最近、少し夢ができた。

♪こんなこといいなぁ~
 できたらいいなぁ~

…????

去年末に自分が今まで温めてきた思いを
少し表現する場があって
初めて表に出してみた。
でも、やっぱり伝えきれなかった。
ひとえに伝え方が下手だった。
そこを修正して、再度挑戦してみようと思う。
それ以外にも、追加でやりたいことができてきた。
考えれば、考えるほど楽しい。

恥ずかしい話だが、何よりも外に表現できたことが
一番嬉しかった。
なんでもっと早く行動していなかったのか??
ちょっと振り返ってしまうけど
半歩でも前に進めたことが嬉しい。

そんな32歳を頑張っていきましょう。

ごめんなさい。
書く、書くと言いながら
全く書いてないブログ。

息子の病気の時しか書かないブログになってしまいました。
(8月の病院歴(薬歴)がLEONに無かった。びっくりだ)

書きたいことも、書けることもいっぱいあったのですが
書いていない。
本当にごめんなさい。

謝罪文で始まった、今回のブログですが
ちょっと育児について個人的な話をさせて頂きます。

次男が4月に産まれて、正直、仕事の忙しさを理由に
LEONの時のように接してあげられない時間が多かった。
休みの時も、仕事を優先した過ごし方が多かったのは事実で
その分、ママに負担が増えていたのも事実。
「男は外で…」そんな思いは毛頭ないのだが
結果として、そんな振る舞いをしていた。

9/20(金)頃から次男のおうちゃんに熱が出始めた。
同じ時期にLEONも鼻水が出ていたので
まぁ5ヶ月だし、一発目の風邪をLEONからもらったのだろうと思っていました。
金曜日に一応病院は行ってもらい、薬をもらって
それでもおさまらないから土曜日にも病院にいってもらい薬をもらい、座薬ももらった。
夜と夜中に座薬を射しても、熱が中々下がらない。
薬を飲んでも、もどしてしまい、ミルクを飲んでも、もどしてしまう。
脱水症状だけは気をつけていたが、思うように水分を与えられなかった。
日曜日にも熱が下がらない。39度以上の熱が続いている。
夕方に救急病院行って、「まぁ風邪って診断されて、点滴でもしてもらおう」
ぐらいの気持ちでいたら、血液検査の結果、数値の高い項目があること
月齢も若いし、精密な検査・治療が必要なため、
そのまま大きな病院へ搬送、入院が決まった。
「風邪」では済まされない状況に熊吉も動揺していた。

搬送先の病院で診察が終わり、先生に言われたのは「川崎病の疑いがある」とのこと。
正直「川崎病」を知らなかった。公害かと思った。
医者ではないから、知らない病気があることは悪いとは思ってないけど
いつもと違う、目の充血や、手足が赤くなっていることなど
何でもっと気付いてあげられなかったのだろう思った。
救急病院に行った時に、
まぁちゃんが「目の充血は先生に聞いてみた?」と言われたときに
そんなに大したことじゃないと思って片づけてしまっていた。
この姿勢は父親として、夫として、人として失格だ。
息子を死なせていたかもしれない。

次の日の月曜日に検査が終わり、正式に川崎病と診断された。
順調に回復しても2週間の入院となりました。
月曜日から抗生剤を投与して、今は順調に回復に向かっています。
土曜日には抗生剤の投与も終わって
見た目では、元気になった。ベットの上で沢山動くようになった。

2週間の入院生活、まぁちゃんが付き添うとして
LEONと二人のの生活になる。
正直、おうちゃんの病気もショックだったが
LEONとの生活も不安だった。
二人だけでやっていけるのか?仕事を片付けられるのか?
保育園の対応も全部まかせっきりだったから
どうしていいのか分からない、誰にどう助けを求めたら良いのか分からなかった。
急遽、熊吉の母にとりあえず1週間居てもらうことにしたが
自分で何も決められなかった。本当に情けない。

おうちゃんの順調な回復を聞いていた中で
家族の助けもあって、なんとか1週間を過ごすことが出来た。
木曜日には、鼻水を垂らしていたLEONも耳が痛いと言いだし熱も少しあった。
会社から帰って先週2回目の救急病院に行き、中耳炎と診断された。
LEONもLEONで我慢していたこともいっぱいあったと思う。
甘えをグッとこらえて頑張っていた。
2歳の子どもに、抱えきれないぐらいの我慢をさせてしまった。

金曜日には熊吉は仕事を休めたので、まぁちゃんと入れ替わった。
LEONも保育園を休ませた。
個人的にママに会えていないから、LEONが持たないだろうと思っていた。
今日また、熊吉とまぁちゃんが付き添いを入れ替わった。

またLEONにも辛い思いをさせるのかなぁっと思いながら寝かしつけていたら
LEONには大きな掛け布団に入って「パパも入ってぇ~」と甘えてきた。
まぁ甘やかしてやろうと、一緒に同じ布団に入るなり
反対側を指して「こっちはママとおうちゃんが入るの」と言われた。
もう涙しか出てこなかったね。
一番我慢していたLEONに、一番助けてもらってたことに気付かされた。
我慢の分、一番家族のことを思って、おうちゃんの帰りを待っていてくれた存在だった。

夫として、父親として
「家族を作る」「子どもを育てる」その思いは
すごく自分本位の感情でしかなかったことに、今回気付かされた。
家族を作っている気分に、子どもを育てている気分になっていた。
自分1人でなんとかしないといけない、その思いはなぜか強い。
いつも空回りしている。
自分は家族の一員であって主役ではない。
役割は違ったとしても、家族を作る上ではLEONもその一員を担っている。
育児も同じだった。
何でもかんでも自分が「育てている」思いでいたけど
育ってくれる対象(LEONやおうちゃん)もいて頑張ってくれないと
成り立たないんだと思い知らされた。

文章では反省と書けるけど、
本当に家族や育児のことを甘く考えていた。
順調に回復してくれているおうちゃんに
家族のことを思って我慢を続けているLEONに
いつも家族を支えてくれているまぁちゃんに
「ごめんなさい」と「ありがとう」を言わないといけない。
態度で示さないといけないね。

早くおうちゃんが良くなって
LEONの大好きの動物園に、みんなで行こう。
まずはそこから始めさせてください。
ひどい。
LEONが手足口病にかかった。
もう治りかけなんですが
全身水疱が出来ていて、非常にかゆそう。
夜中にベッドでのたうち回ってた。
口の中も痛そうで、食欲無くて。
まだ2歳なのに大変だ。
まぁ、保育園行ってますから
色んなものもらってきますよね。
どんどん免疫つけてください。

先週の金曜日に私用があって
仕事を休んだんですね。
まぁ、久々まぁちゃんとランチでもって思っていた
その日の朝から発熱が始まり…。
LEONのいない間にって予定組んだりした時に限って
病気にかかったりするんですよね。
そんなことってよくありますよね。

前回の夏祭りの話を書きましたが
見回りに学校の先生来ていますよね。
昔もそうだった様な気もするんですが
「ほっとけよ」って思うよね。
モンスターペアレントの話もありますが
学校も学校も学校外の事に口出しすぎなような気がする。
「生活指導」の名のもとに、お互い苦しめているような気がする。
生活指導が必要のないぐらいに、みんな良い生徒だったら
どれほど楽な世の中なんだろうと思います。
父親としてそれが出来るのか…?問われると辛いけど
不満とともに、頑張らないとなって思った。

4ヶ月。
おうせいの首がすわった。
寝返りももう少しで出来るかな。
ほんのちょっと感情がでてきた。
ご機嫌にしゃぶっていた指をはずされると
やや不機嫌になりますね。

レ・ミゼラブルのDVDが欲しい。
「戦う者の~♪」って歌っていたら
LEONが覚えて歌ってた。
2歳児が歌う民衆の唄…ちょっと面白い。
権力に立ち向かう者ではなく
権力を握る者になって欲しいな。

二度寝しよ。
甘い。
結局、三日坊主的ブログになってしまった。
御免なさい。

先週の話になりますが
岸和田の市民プールに行きました。
LEONの初プールです。
午前中は何か乗り気じゃなかったんですが
午後になって元気が出たというか
熊吉が遊んでくれるようになったのか
はしゃいでいました。
熊吉は準備を怠った為に
日焼けで悩まされる1週間になりました。
また行きたいですね。
市民プールって結構のんびり出来るんですね。
これから、毎年のように行くようになるんだろうな。
パパって本当に大変。

昨日は、友人の結婚式の為
愛知に帰っていました。
久しぶりに出席した結婚式だったのですが
こんなに結婚式って甘いものなのかと思うほど
新郎新婦の仲の良さに驚きというか
少し恥ずかしさを覚える式でした。

今日は地域の夏祭りでした。
LEONも3回目。
色んなお店に興味がでていました。
これからもっともっと楽しめるようになるのかな。
そのうち一緒に行ってくれないんだろうな。
その時ははその時で、熊吉はまぁちゃんと仲良く行くようにしよう。

熊吉が初めて「大人になった」と感じたのは
ワサビの入ったお寿司を食べれるようになった時と
笑福亭鶴瓶が面白いと思った時でした。
最近、まぁちゃんが海原やすよ・ともこにハマっている。
これは、大人になっていると言うのか…??
そういえば。
二子の誕生を書きましたが
初体験ですよ。
立ち合いました。

何でしょうね。
涙はでなかった。
ただ、あっけなかった。
時間も時間だったことや
いろんなところに連絡したり
そんなことに追われていたら
いざ立ち合い。

いや、そうなんですよ。
出産までの道のりが長かったんですよ。
19時ぐらいに陣痛が始まった連絡が入り
とりあえずすぐに帰って
LEONをまず寝かすのに時間がかかった。
なかなか寝てくれないし
雰囲気とか微妙に感じてしまうんでしょうね。
なんとか寝かしつけて
家のことは実家から来ていた熊吉の母に託して
病院に行ったんですが
すぐに分娩室にいくことになりまして
助産師さん2人と連れ合いと熊吉。
想像していたよりも
落ち着いていた、そして静かだった。
そう、助産師さんって結構落ち着いていますよね。
淡々と淡々と…。

子どもが出てくる瞬間が見られるのかと思ったが
ちらっと見たときには顔まで出てた。
その時、熊吉はちゃんと背中を支えていましたよ。

まぁちゃんへの尊敬としては
ちゃんと助産師さんの言うことをきいて
呼吸して、出産に臨んでいたことには、すごいと思う。
あんな状況で、人の話を聞けるんだぁっと思った。
熊吉はダメだな。もっと取り乱す。
ただ、嫌な事は「無理!」って叫んでいた。
いつものまぁちゃんだ(笑)

そうこうしているうちに産まれてきた。

その後も、連絡に追われていたが
義母が病院に来てくれて、気持ちが落ち着けた。
家族の存在は大きいものだ。

嬉しさや興奮で寝れないかと思いきや
普通に眠れた。

初体験。
立ち合いました。
裏。
遅くなりました。
いやいや、かなり遅くなりました。

報告ですが
熊吉に第二子が誕生しました。

4月2日に…。

22時58分 3278gの元気な男の子です。
名前には季節がら「桜」を入れてみました。
みんなから愛される存在になって欲しいですね。
産んでくれたまぁちゃんに本当に感謝です。

月日が経つのは早いもので
こんな感じで大きく育っています。

13719684936220.jpg

LEONの時とは微妙に感情が違いますが
おうちゃんもとてもかわいいです。
っと言いながらも、まだLEONに夢中な熊吉もいて
あんまり育児に参加していない。
比べるものではないですが
LEONより大きいのと良く笑う。
先週ぐらいからケラケラ笑うようになった。
なんとも愛おしい存在です。

多分、熊吉家はこの状態で活動をするのでしょう。
どんな家族になるのか
面白いことも、辛いことも
家族で共有出来たらと思います。
ただ、女の子がまぁちゃんだけになりました。
いつまでも可愛いまぁちゃんでいてくれることを
男子代表の思いとしましょう。

さてさて、熊吉も31歳になりました。
普通の人間になりたいと常に思っているのですが
振り返ってみると、結構普通の人生なことにびっくりします。
最近、転職活動も上手くいっていない。
もう少し気合いを入れてやらないとね。
ほんの少しだけ「可能性」という言葉に
惹かれている自分が居る。
あと何が出来るのだろうか?
まだ、何もなしていないのに、そんなことをよく考える。

話は変わりまして、
ドリカムの「裏ワン」のDVDが届いた。
やっぱりいいね。
夏目前ですが「WINTER SONG」に
切なさを感じてしまう熊吉が居る。
今回のリストには無いのだが
最近「マスカラまつげ」をよく聞いてしまう。
女の子は本当に可愛い生き物だと思う。
マスカラを2回もやりなおす気持ちって男にはよくわからない。
髭を2回剃るのとは理由が違うのだろう。

さて、もう少しこまめに書くようにします。
何か、色んなことに追われているので
少しでも自分の状況を報告していきます。
では、皆様
梅雨ですが、お元気で。
神様。
新しいローマ教皇が誕生。
コンクラーベのニュースを見ました。
熊吉にとっては特に関係ないのですが
キリスト教をちょっと検索してみました。
宗教って面白いですね。

LEONも1歳半ごろから取りつかれたように
とある神を崇めております。
お経か讃美歌か?
黒色のネズミの偶像を抱きながら
マーチを歌っております。
確実に入信したようです。


朝起きた一言目から教祖様の名前を連呼しています。
ここまできたら親もノイローゼ気味です。
入信のきっかけを作ったのは
親であり家族が勧めたのもあるんですが
10月には聖地に巡礼にも行きました。
老若男女問わず信仰心のあつい方々が沢山いました。
取りつかれたかのように、手を振ったり踊ったりしていました。
LEONはまだまだひよっこですね。
直接、教祖様に会ったんですが
オーラにやられてしまったんでしょうか?
泣きだしてしまいました(笑)
親の苦労は本当に子どもは知らないんですね。
まぁLEON以上に入信はしていない親が夢中になっていましたけど…。


年末に引越しをしたんですが
家の中に神の姿を描いた日用品が増えていきました。
LEONは毎朝教祖のお皿とコップで
御飯が食べれるようになりました。
2歳になって、出来ることがたくさん増えてきました。
もうすぐお兄ちゃんです。
先日、ちょっと怒ったんですが
下唇噛みながら、すねてました。
自我が出てきたんですね。

次男はまだ出てきません。
もうちょっと暖かくなってからでしょうか。


2歳のお誕生日。
ちなみにパンツも教祖様仕様。たぶんオムツも…。
彼の涙の理由は、教祖様の耳にロウソクを刺されたからかなぁ?

DSC_2611.jpg
花曇りの盆休み。
お久しぶりにしております。

夏も夏で、暑さもピークを越したように思えるのは
日が沈んだ時間だけでしょうか。

熊吉も30歳にして
何か上手くいかないことだらけで
家族にも迷惑をかけて
そんな4月~8月だった。

とにかく6月、7月は本当にダメで
会社を辞めることばかり考えていた。
色んな転職も実行していたけど
まぁ上手くいかなくて
会社でも上手くいかなくて
「そういう時」と色んな人から言われたけど
その言葉が理解できずに今もいる。

8月からは環境が変わったから
なんとか仕事場には足を向けていられるけど
忙しさは以前よりも増して
連れ合いからは「母子家庭」と言われたことも。
休みも無く、帰ってくるのは丑三つ時。
熊吉の中では最後までやり遂げたい気持ちで
時間を過ごしてしまっているけど
やっぱり諦めたら駄目だと思う気持ちがある。
後藤光尊のサヨナラヒットに感激した自分が居るように
最後の最後でひっくりかえせるように。
人生はいつだってオセロゲームですから
黒が続かないと真っ白な明日にはならないですから。

自分の人生や家族のこれからを
本当に、本当に考えた。
やっぱり熊吉はポジティブに考えることが得意ではない。
ネガティブに考えているわけではないけど
なるべくみんなに迷惑をかけないように
そんな生き方を選ぶと
結局は色んなことに「諦め」に似た
感情を抱いてしまう。

今は少しは落ち着いたけど
花曇りの日々が続いていた。
環境が変わって今は親会社に職場を移しています。
多分、自社に戻ることはないと思う。
今は猶予期間です。
早く色んなことに結論を出さないと。
LEONにも兄弟が出来るから
こんな情けないパパ吉ではいられないよね。

自分の思っていた未来と大きく違う。
良いことも悪いことも。

このブログも何か幼稚過ぎて
考え方が進んでいなくて
悩んでいることは
いつも同じポイントで
熊吉の人生って、いったい何!?
相変らすだな。

とにかく花曇りの盆休みも終わったけど
姉の子どもが産まれた事と
熊吉も来年の春には二児のパパになること。
それをお伝えします。
久々奈良。
先週の日曜日に奈良に行ってきました。
夫婦共通の友人の結婚式に家族で出席してきました。

式は春日大社(初めて行きました)
披露宴は奈良ホテル。
今まで出席したことがない雰囲気で
貴重な経験をすることが出来ました。

個人的には春日大社よりも奈良ホテルの
伝統的な雰囲気に魅了されましたね。

DSC_8461_convert_20120626225728.jpg

ちなみに、この写真奈良ホテルの正面玄関にて
皇室御用達のホテルに感銘を受けている時の熊吉です。
この時の記憶はございません。
連れ合いによると
「やっぱ、いいなぁ~奈良ホテル~
 美智子様もこの景色を見たんだぁ~
 レオンもこういうところで結婚しなぁ~
 あっ!軽井沢とかもいいねぇ~
 パパがお金出してあげるから
 軽井沢で結婚式あげなぁ~」
などと独り言を言いながらタクシーを待っていたようです。

申し訳ございません。
全く聞くにございません。

CIMG6698_convert_20120626225325.jpg


久々レオンですが
大きくなりました。
4月からは保育園にも通い始めて
良いことも悪いことも覚えてきます。
先日はノロウイルスもらってきました。
でもやっぱり凄いですね。
集団生活をすると、成長が速くなったように思えるのは
親バカのせいなんでしょうか!?

熊吉事ですが、4月から気分が上がらない日々が続いています。
そのために、色んなことに挑戦しています。
また結果を報告出来たらと思っています。

最近更新もなくて申し訳ございません。
また、近々更新しますね。
俺は嬉しいと思う。
ドリカムの美和ちゃん結婚しましたね。
お相手はファジコンのJUONだなんて。
なんかびっくりしたと同時に嬉しかった。
男としてテッペン目指さないといけないんだよね。

色んな愛情関係ってあると思うけど
ファンとして勝手に想像しちゃう部分があって
やっぱり前の旦那さんとのこととか
色んなことを乗り越えた結果なんだと思うと
勝手な想像で勝手に喜んでいます。

本当に勝ってですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。